シングルマザーの抱える問題

我が国では母子手当てや各自治体のヘルパー派遣など生活支援がおこなわれています。何故シングルマザーにはこうした助成があるかと申しますと、経済的、時間的、そして精神的な負担が大きく援助を有するためです。
母子家庭の収入は平均では160万円程度と言われています。父子家庭の場合、母子手当ての制度程援助の条件はよくありません。それは男性が収入を得やすいという考えです。子供を抱えたまま仕事を探すのは大変なことです。子供が熱を出した、学校行事がある等の時も休みを言い出しにくいのです。また結婚してすぐ子供が生まれ、離婚したときに職歴が無い場合、就職で若干不利になります。母子家庭で経済的に苦しいと大学等の進学をあきらめないといけないことがあります。そういうことをふせぐために母子手当てがあるのです。
時間については、子育てをしながら仕事をしますと、家事に時間を回すことができないというジレンマがございます。しっかりしたお子さんですと家事はできますが、遊びや勉強をする時間が無くなることも不安に思うお母様がおいでのようです。
あとは精神面の問題ですね。反抗期や障碍など出てくる問題をお母様が背負わないといけなくなってしまうのが現状の問題です。ひとり親家庭への風当たりはまだ強く、子どもを両親家庭の子よりきちんと躾をしないと追い詰められるお母様も少なくないのです。もし親子間で何か虐待など起きた場合、子どもは逃れる場所が無いのです。嫌な話で恐縮ですが私の友人にそういうお母様と過ごした人がいるのです。援助を受ければ少し負担が減りますので悩みすぎないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ