シングルマザーのための支援制度

シングルマザーの皆様が受けられる母子手当てと生活援助をご紹介します。正確には母子手当てという制度はありません。母子手当てはお金の援助です。
母子手当ての中には次のようなものがございます。まずは児童扶養手当てです。お子さんが18歳になった年度の末まで受けられます。多くて4万円程度です。お子さんが多い方ですと加増分がございます。時に部分支給になる場合があります。障碍があるお子さんがおいでの場合は、特別児童扶養手当てが支給されます。後は児童手当てですね。5000円~1万円程度です。子供さんを育てるための補助です。
使途が決まっている助成は住宅費や医療費の減免および自治体、国家による負担です。家賃は収入を圧迫しますので是非利用したいものです。住宅手当は、家賃が月に10万円を超えた場合に受けられます。
生活支援の内容はその地区によって違うのですが格安のヘルパーの派遣、母親の就労支援などがベーシックなものです。
今挙げたものは国が「基本的人権の保護」のために敷いている制度です。我が国の福祉制度は北欧(医療費ただ、学食ただの国が多いのです)など先進国に比べてやや手薄いのですが、制度のことを良く知って上手に利用していきましょう。状況が変化した場合、給付金の額が変化しますのでその都度ご確認なさってください。どうしてもわからない場合は行政の担当窓口に問い合わせてみましょう。お子さんとご自分の未来を守っていきたいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ