自己破産

財産も差し押さえられ、これから入ってくる給与も退職金も返済に充てられる。しかしそれでも返済額には届かないといった場合がありますが、この場合に自己破産という手段があります。
法的にこれまでの借金を全て帳消しにしてくれるという手段で、これだけ聞くと「じゃあ自己破産できるから借りれるだけ借りてしまおう」と思ってしまうかもしれませんが、実際には今後借金もできませんしクレジットカードも作れません。もちろん銀行の融資等受けれませんし、もし引越しをする際でも裁判所への申請が必要です。さらに自己破産によって職業の制限がかかります。多くの人は制限されている間食を失うこととなりますし、1度食を失ってしまった期間があると、再就職は難しいものになってきます。
さらに1番のデメリットとして、家族を巻き添えにしなければならないという点です。
これは自分自身の財産以外にも、家族全ての財産をまとめて清算するからですが、同じように家族も今後の制限を受けて暮らす事になります。
これは自己破産してから何年と期間が定まっているものですが、特に子供がいる家庭の場合はその子供の将来に多大な影響を与えるということを必ず念頭に置いておきましょう。
家族に迷惑がかかるからと離婚をしてしまう家庭もあるくらいですので。これは本当に最終手段です。
こうなってしまう前には必ず弁護士に相談する事。また、借金返済に手が回らなくなってしまう前に自治体ごとに相談所が必ずありますので、早めにこういったところに相談するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ