年収による審査

キャッシングを利用する際の審査について見ていきましょう。まずはその人がどれくらいの収入があり、どれくらいまでなら返済可能かという指標になる年収です。
2010年の金融法の改正により、年収の3分の1までの借金しかできなくなりました。やはり借金というものは複利で増えていってしまいますので、年収の3分の1程度を超えてくると返済能力の限界を超えてしまうことが多いようです。
精神的にも1年間これだけ稼ぐのに、その3分の1が借金としてある、このような状態は大変辛いものに思います。
この年収の3分の1という金額を超えてくると、日々お金のストレスを抱えながらということになりますし、自棄になってしまうケースが増えているようです。
ただ、この2010年の法改正後借金返済ができず自己破産してしまう人は数字の上では減ったのですが、実際のところは闇金業者に流れてしまい、さらに辛い借金を抱えてしまうといった悪循環ができているようです。
闇金業者とはその名のとおり通常の金融業者より違法で高い金利を課し、またその回収方法も違法な手段を使うことが多い業者です。
自分の限界を超えてさらに借金をしてしまう、それも違法な闇近業社で。この時点で返済能力の限界を超えているわけですから、もしそのような状況に陥ってしまった場合は自分1人で何とかしようとせず、知人や公的機関に相談するようにしましょう。
年収の3分の1、この金額はキャッシングをする上で1つの目安になってきますので、忘れないようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ