訪問による取立て

基本的には、訪問による督促は法律によって禁止されています。これはキャッシングによる自己破産、自殺等が非常に多いため、あまり追い込まないようにという事情があってのことです。
しかし金融会社としても貸したお金が戻ってこないわけですから何もしないでいるわけにはいきません。
電話にも出ない、督促状を送っても一向に連絡がつかないといった場合では、当然夜逃げをしてしまった、もしくは利用者の身に何かあったと考えるのが普通です。
基本的には訪問による督促はしないものとされていますが、自宅へ金融会社の人間が訪れることもあります。
これはもしかすると金融会社の人間とはまた別の会社の人間が来る場合もあります。いわゆる怖い人、取り立て屋と呼ばれるものです。
怖くない真っ当な人間でも、やはり「金融会社の者です」と言われればお金をした者にとっては怖く感じるでしょう。
利用者がここまで応答しないということは、彼らも他の会社で別の借金があるのではないかという認識があるはずです。つまり回収するためにかなり必死で来るということです。
こんな体験をしてしまわないようにも、必ずゆとりのある返済計画を、そして電話や書面による督促を無視しないようにしましょう。
またよくテレビや映画で見るような恐喝まがいのような訪問督促は、一般の金融業者ではあり得ません。
そもそも訪問による督促が法律で禁止されているため、恐喝まがいのことをしてしまうと自分たちが悪くなってしまう結果になってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ