キャッシングの審査と勤続形態

勤続形態も当然審査の対象になってきます。パート、アルバイトよりも派遣写真、さらに正社員で働いている方がやはり安定していますし、返済計画が立てやすいです。返済計画が立てやすいということで、パート、アルバイトよりも正社員で働く方の方が信頼度が高くなっています。
ただこれは審査の時点での勤続形態が対象になるため、キャッシングを利用した後に変わってくることもあるでしょう。アルバイトから正社員になり収入が上がったという場合はもちろんいいのですが、正社員で働いていたところアルバイト生活になり収入が減ってしまった。この時は当然正社員で働いていた時よりも安定度には欠けると思います。
また正社員で働いていたが突然の病気により時間に融通の利くアルバイトの生活になってしまったという可能性もあります。
審査の際に今は安定しているからと言って、ぎりぎりの返済計画を立てないようにしましょう。
キャッシング、つまり借金をしている段階で貯金がないということですから、その時点で何かあった際の補償がないということだと思ってください。
安定感といった概念を志向するかどうかという部分で、正社員で働いている人よりパート、アルバイトで働いている人の方がこの感覚に疎い傾向にあるようで、何かあった時のためにも普段から余裕のある金銭感覚を身につけたいものです。
また専業主婦や事業主といった勤続形態の場合、この審査はその配偶者、または扶養者の勤続形態を見て審査される場合が多いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ