借り入れ審査で重要な他の借り入れ、申し込み状況

他の借り入れ、申し込み状況も審査の対象になります。多重債務者という言葉があるように、借り入れの件数が多ければ多いほどいざ返済が滞り貸したお金を回収する際、ライバルが増えるということになります。
ライバルが増えると回収率が著しく悪くなるものですから、当然審査は厳しくなってしまいます。
また借り入れ、申し込み状況が多い人は、それだけ借金を繰り返している、繰り返そうとしているとみなされます。
これではいくら返済を滞りなく行っているからといっても、審査が下りるほどの信用できる人物という判断はなかなか下されません。
さらに他の借り入れ、申し込み状況が多い場合、記録に残らない借金、例えば知人友人等からお金を借りているという傾向が非常に強いようです。
こういった傾向もあり、ここは他の審査要素よりかなり重用しされる項目となっています。
また信用情報を記録されるという点で覚えておきたいのが、審査に通らなくてもその審査申し込みしただけで信用機関の記録に残ってしまいます。
これも「借金をしようとした」というお金を貸す側からすれば重要な情報となるので、1度に数社に申し込みをしないようにしましょう。
またこの申し込みの記録ですが、一般には半年間保存されると言われています。
クレジットカードやローンなどの審査の場合にも同じ情報が使われますので、キャッシングの際も申し込みをしたという記録が残る事を覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ