借金の取り立ての始まりは電話での督促

もしキャッシングした借金が返済できなくなってしまった場合についてです。
まず支払日が過ぎても返済がない場合、すぐにそのキャッシングをした金融会社から督促の電話がかかってきます。
これは電話に出ないとかなりしつこくかかってくるものでして、何度も、何日も続けられます。
返済がないということは当然契約違反であり債務不履行ということになりますし、金融会社も貸したお金を回収できないということになりかねません。必死です。
電話に出た場合はどうでしょうか。金融会社の人間は必ず「いつ返済してもらえるのか」といったことを聞いてくるはずです。
これは何かしらの理由があって返済が遅れている場合、回収の見込みがあるのかないのかという重要事項を、この時点で判断しているのです。
そしてこの督促の電話ですが、なかなかいつと返済日を指定できなかったり、電話に出る事が出来なかった場合、順々にその電話対応者の対応も厳しいものになっていきます。
これは比較的大手金融会社では優しい対応をしてくれる場合がありますが、やはり金貸しは金貸し、借金取りによくあるイメージに近い督促対応が行われるようになっていきます。
特にこれは闇金業者のように違法の高利貸しの場合、かなり厳しいものになりますから覚悟が必要です。
そもそも借りたお金を返せなくなっているわけですから、当然借りた側にも落ち度があります。このような状況になってしまわぬようキャッシングを申し込む時点からかなりゆとりを持った返済計画を立てるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ