書面での督促

電話での督促に応じられなかった場合、また返済日を設定できなかった場合などに、今度は書面での督促が始まります。
これは電話に出ないのがたった数日であっても、ほぼ同時進行で電話での督促と平行して進められることが多いようです。
電話で会話をしない督促だから怖くはない、そう思ってしまうかもしれませんが、かなり事務的に遅延損害金がかかりますよ、といった内容の督促状です。放置してしまうと自分にとってかなり不利益を被る事はもちろん、今後の人生に多大な影響を及ぼすことを自覚しましょう。
具体的な内容はいついつまでに支払う事、返済が遅れていることに対しての遅延損害金が生ずる事、そして一緒にコンビニで返済ができる払い込み用紙が送られてきて、その支払いに生じる各種手数料は自分で支払うことになってしまいます。
この支払いが済むまでにももちろん遅延損害金は発生し続けていますので、これが届いてしまった場合は最短で支払えるようにしましょう。
ちなみにこの督促状を無視し続けると、重ねて何回も繰り返し督促状が送られてくることになります。
具体的には「このまま支払いなき場合には法的手段に訴えます」といった内容です。
裁判になれば自分から申し込んで契約を結んでいる以上勝ち目はありませんし、裁判費用も余計に請求されることとなります。
こんな事態になってしまうことのないようゆとりを持った返済計画を、キャッシングする時点で立ててください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ