勤続年数による審査

勤続形態が審査の対象になりますから、当然勤続年数も審査の対象となります。ローンを組む際の審査でもそうですが、キャッシングなどの返済面でこの人は信頼できる人かといった面でも見られているからです。
収入や雇用形態では主にその人の返済能力が見られるわけですが、この勤続年数は長ければ長いほど「長く同じ企業に勤める安定志向の人」という評価が高まります。
これによって審査をする金融会社もやはりお金を貸すわけですから、課す際の安心感が勤続年数が短い人に比べて格段に上昇します。
またそれだけ勤続年数が長いということは、勤めている企業も「長く安定している企業」ということになりますので、今後の返済での安心感に繋がっていきます。
また上場企業などのいわゆる優良企業、規模の大きな大企業に勤めている場合は、審査の後も収入面での安定感がわかりますので、この場合は新入社員であっても審査が緩めになっている場合が多いです。
よくクレジットカードのゴールドカードの審査等にもこれがあたりますが、やはり優良企業、大企業であれば、新入社員でも比較的審査が緩かったりするものです。
個人事業主の場合、雇用される側ではなく雇用する側での立場となりますので、その事業を始めてどれくらい事業が続いているのか、かなり重要な要素となります。
継続年数とは別に収入を証明できるものも提出を求められるかと思いますが、年収よりもこの勤続年数の方が審査の対象になることが多いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ