居住形態とキャッシングの審査

審査の対象に居住形態も1つの要素となってきます。これはもし自宅が持ち家であれば、返済ができなくなってしまった場合にその持ち家が財産となるからです。
当然持ち家に比べ賃貸となると審査は厳しくなってきてしまいます。
また、賃貸の中でもマンションかアパートかという部分でも審査されます。一般的にアパート住まいの人間よりマンション住まいの人間の方が収入が高い傾向にあり、審査基準もアパート住まいの人間とマンション住まいの人間で変わってきます。
この審査項目の場合、持ち家か賃貸かという部分でも審査の対象になりますが、それが自分の持ち家かどうかという部分もその対象になってきます。
これはいざ返済ができなくなってしまい財務整理をしなければいけなくなってしまった場合、すぐに持ち家を財産として整理できるかという部分に繋がるからです。
キャッシングを申し込む際に返済できなくなってしまう可能性は当然考えておかねばなりませんが、特に所有権が親や親族、また配偶者に権利がある場合等は特に注意が必要です。
また居住形態もそうですが、どれくらいその場所に住んでいるかという居住年数も審査の対象となります。
これは債務状況が悪い人は一定の場所に住むということが少ない傾向にありますし、引越しが多いだけで「不安定な生活」と見なされる場合があります。
最たる例は夜逃げを繰り返すような人間は当然引越しの回数が一般の人間よりもかなり多いです。
ただこちらは年収や勤続形態、勤続年数ほど重要な要素ではありませんが、居住年数も審査の対象になるということを覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ