ブラックリスト

自己破産をした者はもちろんですが、実際には返済が間に合わず、遅延損害金が発生しますよと言われた段階でブラックリストに載ってしまう可能性が高いです。
これは今後のローン、クレジットカードの申し込み、キャッシングの申し込み、銀行からの借り入れ等全て審査が通りません。
若年層で多い傾向にあるのが携帯電話の支払いができず解約させられてしまった場合です。その時にもブラックリストに登録されてしまいます。
携帯電話程度でと思うかもしれませんが、実は非ブラックリストというのは簡単に載ってしまうものです。
またブラックリストに載ってしまう期間ですが、携帯電話のように比較的軽い案件の場合は数年ですが、自己破産のようにかなり深刻な案件だった場合、一般的に言われているのは10年間載ってしまうということです。
自己破産して再出発したのはいいが、10年も何も信用を得る事ができない生活が続いてしまいます。今後の人生に多大な影響を及ぼす事となりますから、必ずキャッシングを利用し始めた段階で、こうならないようにゆとりのある返済計画を持ちましょう。
また、このブラックリストに載っている期間を過ぎれば、またローンやクレジットカードを持てるようになります。1度してしまったことは再度繰り返すといいますが、同じ過ちを繰り返さないよう晴れてブラックリストから名前が消えた時は、必ず計画性を持つようにしたいものです。
ちなみに自分がブラックリストに載っているかどうかを調べる方法もあります。各種信用機関に問い合わせると、本人という確認がとれれば教えてくれることが多いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ