在籍確認と借り入れ審査

キャッシングの審査をする際によく行われるのが、勤めている会社への在籍確認の電話です。
これは最初にその金融会社の名前を名乗ることは少なく、「?(名字だけ言う)と申しますが、?さんはいらっしゃいますか?」といった内容で、申込者が在籍しているかどうかの確認を行います。
またこのやりとりの後に「どなたですか?」と聞かれてしまった場合は、その金融会社の名前を名乗る場合が多いようです。
ただ、金融会社から電話があればその勤めている会社内での信用に繋がります。在籍確認を電話でしてもいいが、もし名乗らなければいけない状況になった場合は金融会社の名前は出さないようにしてほしいと言えば、知人友人からの電話だったということにしてくれることもあります。
そもそもこの「金融会社を名乗る」といったことをしてほしくない場合、在籍確認を別の形でしてもらうといったことも可能です。
例えば社員証の確認、その勤めている会社から給与を得ているという給与明細の確認などがそれにあたります。
やはり会社に勤めているということはそれだけお金を貸す側からすれば安心感につながりますので、この在籍確認というものも非常に重要な項目となっています。
これが専業主婦等の場合、この在籍確認をどうしてもしてほしくない、行えないという場合は審査の対象が著しく厳しくなってしまうことを覚えておきましょう。
審査対象にその配偶者、親族の経済状況が含まれる場合、返済が滞ってしまった等のトラブルの際、トラブルに発展してしまうことが非常に多くなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ